六法全書がむしゃらな毎日を書き綴ります。
Be Strong!!!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
夢をかなえるゾウ
2008-09-24-Wed  CATEGORY: 読書
 今回は「水野敬也」さんの「夢をかなえるゾウ」を紹介します。
夢をかなえるゾウ夢をかなえるゾウ
(2007/08/11)
水野敬也

商品詳細を見る

 夢をなくしたサラリーマンに対して、関西弁をしゃべるゾウの神様
ガネーシャから出される、一見理不尽かつ意味が無さそうな課題…。
その課題をクリアしていく過程で、サラリーマンは大きく成長し
最終的には自分本来の夢を取り戻していく…という物語です。

 当書はサラリーマン視点から描かれた小説風味な構成になっており、
ユニークかつ結構泣ける、非常に読みやすい内容になってます。

 自分なりに面白いなぁ…と思ったところは、色々な偉人、学者が言っていることを
「分かりやすく」「身近なところ」で「簡単に」
実践できる課題といった形で紹介してるところです。

 例えば「人が欲しがっているものを先取りする」という課題(章)の中で
「人が言わんでも、目玉焼きにベーコンつけろや!!
ワシのベーコンが欲しいという欲求を見抜け」
という理不尽なことをガネーシャが言ってます。

 ここで本当にガネーシャが言いたかったことは
「人間が本当にして欲しいことは口にだすことは無い。なぜなら図々しいと思われる(思われそうだ)から。この欲求を満たすことのできる人間がビジネスで成功を収める」
ということ。

 これとほぼ同じことをドラッカーという経済学者が言っています。
「顧客の”潜在的”な欲求を充足し、欲求を満たすための、具体的な手段を提供する」
凄く難しいことを言ってるように思いますが、言ってる内容はほぼ同じです。

 これが何を意味するかというと、ビジネスで重要な考え方及びスキルを、
日々の生活を通して身に着けることができるということです。

 ガネーシャの一見意味が無さそうに見える課題ですが、こういった本質を見抜けば意欲的に取り組むことができるんじゃないでしょうか?
(目的が見えてたほうが、挫折しにくいですよね?)

 小さな変化を積み重ねることが、自分を大きく変えること
(イノベーション)に繋がると思うので、
読んで「あぁ、面白かった」で済まさず、課題を日々の生活に
少しずつでいいから取り入れていきたいものです。
…自分はまずトイレ掃除から…(笑)

ちなみドラマ化されるらしいので気になる方はそちらもチェック!!
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 Be Strong!!!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。