六法全書がむしゃらな毎日を書き綴ります。
Be Strong!!!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
勉強法
2008-10-30-Thu  CATEGORY: 仕事関係
就職してもう少しで一か月が経とうとしています。

今日で課外研修も終わり、明日からまた新宿のオフィスの研修が始まるのですが…。

それと同時に3分間スピーチというものが始まります(><)

人前で話すのが苦手な俺にとってはこれは一大事!!

とりあえずはブログである程度、話す内容を決めてから挑もうと思います。

とりあえず最初は「勉強法」について、話そうかなと思っています。





就職する以前はスーパーでバイトをしながら司法書士の資格試験に
チャレンジしていたわけですが、勉強をしていく過程で様々な方の勉強法を
取り入れていきました。

その中で自分で自分が試してみて、実際に高い効果が得られたものを
今回は3つ程紹介したいな…と思っています。

1、新しい分野の勉強を始めるときは、なるべく簡単な媒体から始める。

2、最低限の知識を身につけたら、どんどん問題を解く。
  (自分の弱点、重要なことを把握する)

3、常に実戦で使えるよう、本番に近い形でアウトプットする。
  (資格試験だったら模擬試験を受ける。)

1についてですが、やっぱり初めて勉強する分野ってのは、勉強しづらいものです。

そこで最初は基礎知識を身につける意味でも、予備校の講義やセミナー、もし無理なら
会話口調の親しみやすい入門本を使うといいでしょう。

漫画もありですね。

2は今回のメインなので飛ばして、先に3から。

やはり勉強するなら、実際に役に立たせたいものですよね?

ならば身につけた知識を実際に使うであろう、シチュエーションに近い環境を作って、
どんどん試してみるべきです。

資格試験なら模擬試験を片っ端から受ける、コミュニケーションスキルなら、
友人や同僚との会話や、セミナーなどの交流会に参加するなど…。

で、今回のメインの2。

まず資格試験の勉強の場合は、最低限の知識を身につけたらどんどん問題を解く!!

むしろ最初は問題を見たら、すぐに答えを見て構いません。

そこで解法を覚えて、すぐに試してみる。

もちろん二回目以降はどんどん解いていきます。

なぜ問題を解くことがいいのかというと、何が重要なことなのか?
自分の弱点はどこなのか?を把握できるから。

これを把握していると頭への入りやすさが全然違います。

重要なことだから優先的に覚えよう、弱点だから克服しなければ。

漠然とテキストや書物を眺めていても、頭には中々入りません。

だからしっかりインプットしてからアウトプットってのは
あまり効率がいいものとは思えません。

自分もその方式でやってて最初は手痛い目にあいました(><)

試験の勉強じゃなくても、自分には何の能力が必要なのか?
自分に足りないものは何なのか?を把握してから学び始めるべきでしょう。

………
………
………で、この内容で実際にスピーチのリハしてみたら4分以上かかったwww

ま、いいか(笑)時間きたら、適当に切り上げればいいだけだし。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 Be Strong!!!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。